タイプ別メリット・デメリット

II型キッチンのメリット・デメリット

投稿日:

コンパクトに収まるII型

キッチンにはいろいろなかたちがありますが、スペースをうまく使うという点ではII型があります。狭い空間でも有効に使っていける配置のII型は、うまく配置しないと、メリットを生かすことができません。使い勝手を考えると、配置次第でとても使いやすくなります。2人で使っても負担になることがないレイアウトですので、デメリットをよく考えて設計もしていかなければいけないでしょう。

広くすると使いにくくなる

II型の最大のメリットは、空間をコンパクトに収められることです。2列に並べることになるため、間隔が広くなりすぎると、振り返ったときに使えません。逆に狭くしてしまうと、身動きが取れなくなります。うまく幅を取っていかないと、使い勝手は向上しないのが問題です。配置をうまく取れれば、体を回転させるだけで、多くの作業ができるようになるでしょう。素早く使える点では、どの配置よりも優れています。移動距離も極端に少なくできるでしょう。

動線をよく考えて

実査に動線が管理できるのであれば、2人で使っても問題はありません。非常にコンパクトにできますし、素早く反応ができるからです。移動するときにも、入れ替わりながら動ければ、かなりのメリットを生み出すでしょう。逆に動線がかぶりやすいレイアウトを取ると、出来上がったものを食卓に出すのも一苦労です。コンパクトなだけに、すべてがかぶってしまうようになるため、どうやって使うのかも考えて配置を決めていくのがポイントになるでしょう。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

壁付けキッチンのメリット・デメリット

壁付けキッチンは正面が壁になっている形式のものですが、対面型キッチンが多い中でリフォームの際に壁付けキッチンを選択する人がいます。これには利点があり、その利点を最大限に評価していることが要因です。まず …

一人暮らしに合っているキッチン

暮らしの中には利用がしにくい場所があります。毎日利用する場所であれば苦痛を感じながら生活をするよりも、快適に過ごしたいです。一人暮らしのキッチンは、普段から自分で利用をする回数が多いことから自分に合っ …

ペニンシュラキッチンのメリット・デメリット

ペニンシュラキッチンとは対面型のキッチンのことで、欧米で人気の形式ですが最近日本でも人気となっています。キッチン台にコンロやシンク、調理スペースがすべてそろっているのが特徴で、ダイニングやリビングに限 …

大人数の家庭に合っているキッチン

それぞれの家庭の人数によって使いやすいキッチンには違いがあります。効率よく作業でき、ストレス無く生活するには、家族構成に合ったタイプを使用するのがポイントです。 大人数の家庭の場合、作る料理の量や食器 …

対面式でも調理には専念したい人におすすめなペニンシュラキッチン

対面式のキッチンはオシャレで人気が高いですが、対面式を選びたいけれど調理に専念することが難しそうだと感じてしまう人も多いです。このタイプでも調理に集中したいと考えるのであれば、リフォームの際にペニンシ …