タイプ別メリット・デメリット

セパレート型キッチンのメリット・デメリット

投稿日:2018年11月7日 更新日:

キッチンリフォームの際にセパレート型キッチンを選ぶ人が増えてきています。セパレート型とはシンクとコンロが別々のカウンターに取り付けられていて、カウンターが2列に平行に並んでいるタイプのものを指します。セパレート型キッチンを選ぶメリットとして、まず第一に作業スペースの広さがあげられます。シンクとコンロが二つのカウンターに分かれているため、それぞれに十分な作業スペースを設けることができます。スムーズに快適に調理をしたい人には特におすすめと言えるでしょう。広い作業スペースに加え広い収納スペースが確保できることもメリットとなります。また家族とコミュニケーションを図りながら楽しく料理をすることもできます。
反対にセパレート型キッチンのデメリットとして考えられることは、キッチンに広いスペースが必要となるため、大きなスペースをキッチンに費やしてしまうことがあげられます。住宅全体に十分な広さがあれば特に問題はないのかもしれませんが、そうでない場合にはリビングやダイニングのスペースが狭まってしまうことになります。そのためリフォームの際には全体的なバランスを考慮する必要があります。また濡れたものを移動する際には、床に水が落ちてしまう可能性が出てきます。コンロとシンクが別のカウンターに設置されていることから、たとえばシンクで洗った野菜をコンロに移動させるときには、床に水が垂れてしまうかもしれません。水が垂れないような工夫が必要であり、床が濡れることを想定し床の素材は水に濡れても滑りにくい素材を選ぶ必要があります。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

料理好きの人が選びたいキッチンの種類

料理好きな方なら、キッチンにもこだわりを持っている方は多いでしょう。作る機会が多いからこそ、利便性や動線のスムーズさも重要です。 また、食材や料理器具などを多く使うので、スペースも十分確保できることは …

海外メーカーのシステムキッチンを国内で利用するメリット・デメリット

海外メーカーのシステムキッチンが近年人気を呼んでいます。やはり海外で使われているものだけに、見た目が垢抜けていておしゃれなのが魅力です。洗練されたスタイリッシュなデザインやナチュラルテイストなものなど …

中古品のシステムキッチンへ交換するメリット・デメリット

中古品のシステムキッチンにリフォームするメリットは、価格を抑えられることです。たとえばショールームなどで使われていた新古品のシステムキッチンは、新品とほぼ変わりません。未使用の新古品はキズや汚れがほぼ …

II型キッチンのメリット・デメリット

コンパクトに収まるII型 キッチンにはいろいろなかたちがありますが、スペースをうまく使うという点ではII型があります。狭い空間でも有効に使っていける配置のII型は、うまく配置しないと、メリットを生かす …

システムキッチンの利便性の高さ

システムキッチンにリフォームしての利便性の高さを最も実感するのは掃除のときです。キッチンに必要なものが一体となっているからつなぎ目は少しだけで、掃除しにくい部分がほとんどありません。古いタイプのセクシ …