タイプ別メリット・デメリット

独立型キッチンなら煙やニオイが気にならない

投稿日:2022年2月22日 更新日:

キッチンは多くのご家庭で、リビングと一体となっているものです。これは食事をとる場所と同じであると、配膳がしやすいとハウスメーカーでは考慮をされているからです。しかし、同じ場所であると煙や油汚れが気になるという方も少なくありません。その場合はキッチンを独立型にリフォームをすれば、煙の問題を打開することが可能です。簡単のそのリフォームの特徴を解説しましょう。独立型というのは、1980年代の戸建て住宅で目にできたものです。一種のダイニングキッチンのことを指しており、壁と扉でキッチンを遮ることができます。このリフォームを現在の戸建てやマンションでおこなう際は、壁で隔てるようにするのが一般的です。リフォーム工事の概要を見ると、多くの工務店でパーティションを活用されていました。大掛かりな独立型ではなく、あくまでも空間を隔てる工事となります。施工費用は約70万から100万円前後で、3LDKのお宅であれば4LDKに変化をさせることが可能です。簡易的な壁でも煙や油汚れを防ぐことができるので、リビングにある家電や家具をしっかりと守れることでしょう。独立型の良さは煙だけでなく、お部屋の数を増設できることにもあります。キッチンの場合早く4.5畳程度の広さですが、その分居間の空間が広くなるのでご家族が多いご家庭でも魅力的な施工となるわけです。リフォームをする際はその点も考慮をすれば、満足度の高い結果を得られます。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

壁付けキッチンのメリット・デメリット

壁付けキッチンは正面が壁になっている形式のものですが、対面型キッチンが多い中でリフォームの際に壁付けキッチンを選択する人がいます。これには利点があり、その利点を最大限に評価していることが要因です。まず …

L型キッチンのメリット・デメリット

作業スペースが広い ちょっとした調理でも、作業スペースが大きく必要となる場合もあるでしょう。そういう作業スペースを多めに確保したいという方にとって最適なのが、L型キッチンです。I型キッチンに比べて、区 …

対面式キッチンのにおい対策

対面式キッチンは、リビングやダイニングの様子が見えるので料理をしながら子どもの様子を確認したり、家族コミュニケーションがとれるなどのメリットがあります。しかし料理中の嫌なにおいがリビングまで広がり、気 …

対面式でも調理には専念したい人におすすめなペニンシュラキッチン

対面式のキッチンはオシャレで人気が高いですが、対面式を選びたいけれど調理に専念することが難しそうだと感じてしまう人も多いです。このタイプでも調理に集中したいと考えるのであれば、リフォームの際にペニンシ …

料理好きの人が選びたいキッチンの種類

料理好きな方なら、キッチンにもこだわりを持っている方は多いでしょう。作る機会が多いからこそ、利便性や動線のスムーズさも重要です。 また、食材や料理器具などを多く使うので、スペースも十分確保できることは …