タイプ別メリット・デメリット

キッチンのタイプを選ぶポイント

投稿日:2017年7月26日 更新日:

キッチンのタイプは3タイプある

世の中にはいろいろなキッチンのタイプがあります。キッチンリフォームをする場合、どのようなキッチンにすればいいのか悩むことでしょう。ここでは、キッチンを選ぶポイントについて紹介します。

キッチンのタイプは大きく3つに分けられます。いわゆる昔からあるベーシックなタイプが「I型」で、I型は狭いスペースでもキッチンを作れるレイアウトとなっています。作業スペースが広いのが「L型」で、二人でキッチンに立っても狭さを感じにくいです。リビング・ダイニングから対面となっているのが「対面型」で、リビングを見ながら作業をすることができる便利なタイプのキッチンです。

 

生活スタイルや予算から考える

キッチンには3つのタイプがあります。I型、L型、対面型とそれぞれに特徴がありますし、キッチンリフォームをするとなれば予算も異なってきます。自分に合ったタイプのキッチンを選びましょう。

I型の場合には、低い予算でもキッチンリフォームが可能です。スペースが狭くても問題なくリフォームできます。L型はI型よりもスペースが大きくなるので余裕をもって作業をすることができます。家族が多い人に向いている形です。対面型はキッチンからリビングなどを見ながら作業ができるので、目が離せない小さな子供がいる家族におススメです。I型と比べるとスペースが広く必要ですし、予算も大きくなります。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

オープンキッチンとクローズドキッチンでは子育て向きは?

子供がいる家庭でこれからキッチンをリフォームする場合は、子育てに向いているかどうかも考えましょう。一見、あまり関係ないように思うかもしれませんが、母親は料理をしたり食器を洗ったりする時間が意外とありま …

料理好きの人が選びたいキッチンの種類

料理好きな方なら、キッチンにもこだわりを持っている方は多いでしょう。作る機会が多いからこそ、利便性や動線のスムーズさも重要です。 また、食材や料理器具などを多く使うので、スペースも十分確保できることは …

子供と一緒に料理をしたい人に合っているキッチン

子どもと一緒にお料理をすることは、子供の教育上も好ましい事ですし将来の役にも立ちます。楽しみながら家族でキッチンを囲んで和気あいあいと料理を作りたいなら、アイランド型にリフォームしてみてはいかがでしょ …

対面型キッチンのメリット・デメリット

コミュニケーションが増える 対面型キッチンは、家族とのコミュニケーションが増えるということもあって、積極的に会話したいという家庭に導入すべきキッチンだと言えます。もちろん調理を手伝ってもらいやすいです …

L型キッチンのメリット・デメリット

作業スペースが広い ちょっとした調理でも、作業スペースが大きく必要となる場合もあるでしょう。そういう作業スペースを多めに確保したいという方にとって最適なのが、L型キッチンです。I型キッチンに比べて、区 …