タイプ別メリット・デメリット

対面タイプのキッチンは間取りを考えて作る

投稿日:2018年8月7日 更新日:

料理をしながらリビングにいる子供の様子を見たい人や、庭を見ながら料理をしたいという人などはリフォームの時に対面キッチンを希望されます。しかし、対面キッチンは壁付けキッチンに比べてスペースをとってしまうという問題点があります。そこで、対面キッチンへのリフォームをしたい人は、自分の家の間取りを考えた配置にしないと後で調理がしにくいといった不満点が出てしまうため、リフォーム会社のスタッフとよく相談して後悔しないように詳細を決めていくのがおすすめです。
対面キッチンにもアイランド型やペニンシュラ型などのいくつかの種類があります。アイランド型は完全に壁から離れているタイプで、何人か同時に料理をすることもしやすいですが、ゆとりをもって設置出来るようなスペースがない家の場合、リビングにいてもシンクやコンロが常に目に入るなどの圧迫感を感じるもとになります。また、換気扇を天井に付けなければならないので、普通の換気扇よりも設置費用が高額になるといったデメリットも考える必要があります。
それに対して壁に一部がくっついているペニンシュラ型や対面式のI型キッチンはアイランド型よりはスペースをとりませんが、壁との間のスペースをある程度とっておかないと、調理がしにくかったり料理を持って行く時にどこかにぶつかりやすいといった問題点が出てくることが考えられます。図面で間取りを見ながらリフォームのプランを考えていると、実際の使い勝手の悪さに気づけないこともありますから、経験豊富なスタッフの意見を聞きながら自宅の間取りに合わせた計画を立てるのが良いでしょう。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

一人暮らしに合っているキッチン

暮らしの中には利用がしにくい場所があります。毎日利用する場所であれば苦痛を感じながら生活をするよりも、快適に過ごしたいです。一人暮らしのキッチンは、普段から自分で利用をする回数が多いことから自分に合っ …

壁付けキッチンのメリット・デメリット

壁付けキッチンは正面が壁になっている形式のものですが、対面型キッチンが多い中でリフォームの際に壁付けキッチンを選択する人がいます。これには利点があり、その利点を最大限に評価していることが要因です。まず …

2人暮らしに合っているキッチン

二人暮らしに合っているキッチンにリフォームする際の気を付ける点はどのような事でしょうか。 台所は一日に何度も利用する場所です。ですので、使用する人が使いやすい高さであったり、お手入れしやすい素材を選ぶ …

キッチンのタイプを選ぶポイント

キッチンのタイプは3タイプある 世の中にはいろいろなキッチンのタイプがあります。キッチンリフォームをする場合、どのようなキッチンにすればいいのか悩むことでしょう。ここでは、キッチンを選ぶポイントについ …

L型キッチンのメリット・デメリット

作業スペースが広い ちょっとした調理でも、作業スペースが大きく必要となる場合もあるでしょう。そういう作業スペースを多めに確保したいという方にとって最適なのが、L型キッチンです。I型キッチンに比べて、区 …