タイプ別メリット・デメリット

料理好きの人が選びたいキッチンの種類

投稿日:2020年8月20日 更新日:

料理好きな方なら、キッチンにもこだわりを持っている方は多いでしょう。作る機会が多いからこそ、利便性や動線のスムーズさも重要です。
また、食材や料理器具などを多く使うので、スペースも十分確保できることは譲れないポイントです。そんな料理好きな方に向いているおすすめのキッチンの種類は、キッチンの上の空間部分に収納があるタイプや横に棚となる部分もあるタイプです。
たくさんの調味料や料理器具、盛り付け皿などがあるのが料理好きな方です。それらがキッチンに並んでしまっては使えるスペースが狭くなり、使い勝手が悪くて不便に感じます。リフォームする際には、出来るだけ収納のことも考えて、しまうスペースがありつつ、それが整理できる見て目ですぐにわかることも重要です。
また、コンロと下ごしらえをするなどの空きスペースをわかる忌でも、L字型やこの字型なども作業がしやすいです。全部横並びでは動く範囲も広くなり、1つの作業で使うものが横にはみ出してしまうこともよくあります。リフォームの時には無駄のない動線をイメージして、さらに作業が続けやすいように考えて作ることが重要です。
リフォームするときには設備の充実が大切と考えがちですが、スペースを作ることも必要で、そのためには整理できる空間づくりもキッチンには欠かせません。リフォームするときには料理好きな方の手間と動きを滑らかにすることが、負担を減らし快適な場所にするために重要なポイントです。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

対面型キッチンのメリット・デメリット

コミュニケーションが増える 対面型キッチンは、家族とのコミュニケーションが増えるということもあって、積極的に会話したいという家庭に導入すべきキッチンだと言えます。もちろん調理を手伝ってもらいやすいです …

子供と一緒に料理をしたい人に合っているキッチン

子どもと一緒にお料理をすることは、子供の教育上も好ましい事ですし将来の役にも立ちます。楽しみながら家族でキッチンを囲んで和気あいあいと料理を作りたいなら、アイランド型にリフォームしてみてはいかがでしょ …

室内飼いのペットが居る家庭におすすめの安全なキッチン

室内飼いでペットを飼っている人が抱える問題の1つが、自由に動き回るという点があげられます。リビングだけならともかく、キッチンに行っていたずらなどをされると困ってしまうこともあります。もしもそのような状 …

I型キッチンのメリット・デメリット

導入すべき家庭 I型キッチンは、ある程度スペースが限られている家庭でも対応できるキッチンで、基本的なキッチンとしての機能をしっかりと確保できるものです。導入すべき家庭は、どの家庭でも対応可能だと言える …

L型キッチンのメリット・デメリット

作業スペースが広い ちょっとした調理でも、作業スペースが大きく必要となる場合もあるでしょう。そういう作業スペースを多めに確保したいという方にとって最適なのが、L型キッチンです。I型キッチンに比べて、区 …