タイプ別メリット・デメリット

室内飼いのペットが居る家庭におすすめの安全なキッチン

投稿日:2020年2月7日 更新日:

室内飼いでペットを飼っている人が抱える問題の1つが、自由に動き回るという点があげられます。リビングだけならともかく、キッチンに行っていたずらなどをされると困ってしまうこともあります。もしもそのような状況で困っているのであれば、リフォームを検討してみるのも1つの手です。リフォームをすることで、ペットがキッチンに入れないような工夫をすることが可能です。

手軽にできるキッチンのリフォームの選択肢の1つが、ゲートを設置するというものです。ペットがキッチンに入れないようにゲートを設置することで、いたずらをされるのを防ぐことにもつながります。ゲートを設置するだけなら、少ない費用でリフォームができるというのもポイントの1つです。

またキッチンで作業を行っていると、ペットの様子が見えないので不安ということもあるでしょう。子犬などを飼い始めた場合、静かだと思ったらいたずらをしていたということも多くあります。そのためキッチンにいても様子がわかるようにリフォームするというのも選択肢の1つです。オープン型にして料理をしながら子犬の様子を見守れるようにすることで、噛んだらダメなものをかじっていないか常にチェックできます。

実際にリフォームするといっても、多くのプランが存在しています。家庭ごとに選択できるプランには違いがあるので、状況を考慮したうえで選択できるようにしましょう。実際に施工を行った方たちの例を参考にするのも1つの手です。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

流行りのデザインにした場合

使いにくいキッチンで調理をすると効率が悪くなるだけではなく、ストレスに感じます。家族のために美味しいお料理を作ってあげたいという意欲さえもわかない場合があります。そういう場合にはリフォームをすることで …

対面式キッチンのにおい対策

対面式キッチンは、リビングやダイニングの様子が見えるので料理をしながら子どもの様子を確認したり、家族コミュニケーションがとれるなどのメリットがあります。しかし料理中の嫌なにおいがリビングまで広がり、気 …

子供と一緒に料理をしたい人に合っているキッチン

子どもと一緒にお料理をすることは、子供の教育上も好ましい事ですし将来の役にも立ちます。楽しみながら家族でキッチンを囲んで和気あいあいと料理を作りたいなら、アイランド型にリフォームしてみてはいかがでしょ …

独立型キッチンなら煙やニオイが気にならない

キッチンは多くのご家庭で、リビングと一体となっているものです。これは食事をとる場所と同じであると、配膳がしやすいとハウスメーカーでは考慮をされているからです。しかし、同じ場所であると煙や油汚れが気にな …

L型キッチンのメリット・デメリット

作業スペースが広い ちょっとした調理でも、作業スペースが大きく必要となる場合もあるでしょう。そういう作業スペースを多めに確保したいという方にとって最適なのが、L型キッチンです。I型キッチンに比べて、区 …