タイプ別メリット・デメリット

I型キッチンのメリット・デメリット

投稿日:2017年4月25日 更新日:

導入すべき家庭

I型キッチンは、ある程度スペースが限られている家庭でも対応できるキッチンで、基本的なキッチンとしての機能をしっかりと確保できるものです。導入すべき家庭は、どの家庭でも対応可能だと言えるでしょう。一番スタンダードなキッチンということもあって、導入までのハードルが低いのも魅力的だと言えます。実際にリフォームでも一番多くの実績を持っているキッチンタイプとなっていて、使い勝手も良いです。現状のキッチンから、再びI型キッチンにリフォームするという方も多く、近年はその利用者もやはり安定して多いと言えます。実際に機能性も問題ないですし、作業スペースもしっかり確保できるということもあって、かなり使い勝手は良いと言えるのではないでしょうか。

設置がしやすい

I型キッチンは、どんな場所にも設置しやすいというメリットを持っています。家というのは、それぞれの家庭によって大きさも全然違ってきますし、場所も広さもスペースも違ってきます。だからこそ、その空間を上手に活かして導入することが必要となるのです。I型キッチンの場合は、条件なども少なく導入しやすいキッチンとなっています。その使いやすさの面から見ても、かなり優秀なキッチンだと言えるのではないでしょうか。事実多くの家庭で取り入れていて、I型キッチンへのリフォーム事例も多くなっています。活用の仕方によっては十分スペースを確保できるし、一家庭が調理するためのものとしては十分過ぎるほどの機能を持っていることも多いです。その点も業者に相談して決めていくと良いでしょう。

イメージはしっかりもって

I型キッチンは間口によって、作業スペースが狭くなってしまうというデメリットがあります。こればかりは、家庭によって違ってくるのでなんとも言えないのですが、やはり他のキッチンに比べて作業スペースは限られるでしょう。ただ、大家族ではなく、調理する量も少ないという場合には、I型キッチンで対応できることも多いです。そこは、特別に必要となるスペースなども少ないということもあって、かなり使い勝手は良いと言えるのではないでしょうか。これから使いたいと思っている方は、その点も業者と相談して決めていくと良いのではないでしょうか。I型キッチンは汎用性の高いキッチンであるけれど、もちろんデメリットもあります。自分の家庭に導入したらどうなるのか、生活などもしっかりと考えてイメージを膨らませていくことも重要です。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

中古品のシステムキッチンへ交換するメリット・デメリット

中古品のシステムキッチンにリフォームするメリットは、価格を抑えられることです。たとえばショールームなどで使われていた新古品のシステムキッチンは、新品とほぼ変わりません。未使用の新古品はキズや汚れがほぼ …

キッチンのタイプを選ぶポイント

キッチンのタイプは3タイプある 世の中にはいろいろなキッチンのタイプがあります。キッチンリフォームをする場合、どのようなキッチンにすればいいのか悩むことでしょう。ここでは、キッチンを選ぶポイントについ …

システムキッチンの利便性の高さ

システムキッチンにリフォームしての利便性の高さを最も実感するのは掃除のときです。キッチンに必要なものが一体となっているからつなぎ目は少しだけで、掃除しにくい部分がほとんどありません。古いタイプのセクシ …

防カビ加工のキッチンリフォームの良いところ

キッチンリフォームを行うときには防カビ加工を実施することができます。実施したことがなければ利点が分からないと感じるかもしれませんが、これにはメリットがたくさんあるので魅力を知っておくと良いでしょう。キ …

セパレート型キッチンのメリット・デメリット

キッチンリフォームの際にセパレート型キッチンを選ぶ人が増えてきています。セパレート型とはシンクとコンロが別々のカウンターに取り付けられていて、カウンターが2列に平行に並んでいるタイプのものを指します。 …