タイプ別メリット・デメリット

L型キッチンはコーナースペースの活用がポイント

投稿日:2022年8月21日 更新日:

古い住宅で壁側に対してI型のキッチンをお使いの場合でも、キッチンリフォームによって対面式へと変える方が非常に多い現実があります。対面式といっても複数のバリエーションがあり、アイランド型やペニンシュラ型などが主流になるものの、他にもL型キッチンという選択肢もあるので事前にシミュレーションをすることで最適化することができます。このL型キッチンには特徴があり、シンク台の部分をダイニング、リビング側に設置をしてコンロの部分をL型に分離して設置をすることが一般的です。メリットは動線が良好になることと、狭いスペースでも設置可能なこと、壁面の上の部分には抜群の収納力を誇る棚を取り付けられることもメリットです。一方でL型へのリフォームではコーナースペースの問題は出てしまい、用いる機材による違いはありますが、コーナーは約90㎝程度の奥行きがあり、手が届かないスペースになる可能性があります。この問題はリフォームの際に事前に用途を決めておく方法で快適性を得ることができ、具体的な事例では、対面式のL型では卓上型のウォーターサーバーを設置すると、リビング側から使えるようになりわざわざシンク側へと回り込む必要性が無くなります。他にもインテリア雑貨を置く場所にしたり、お洒落な調味料入れの収納棚を置いたりとアイデア次第で便利に活用することができます。このタイプへとリフォームをする際には、施工会社からのアドバイスを聞く方法も多数の事例を有しているので困り事は解消できる範囲です。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

対面タイプのキッチンは間取りを考えて作る

料理をしながらリビングにいる子供の様子を見たい人や、庭を見ながら料理をしたいという人などはリフォームの時に対面キッチンを希望されます。しかし、対面キッチンは壁付けキッチンに比べてスペースをとってしまう …

I型キッチンのメリット・デメリット

導入すべき家庭 I型キッチンは、ある程度スペースが限られている家庭でも対応できるキッチンで、基本的なキッチンとしての機能をしっかりと確保できるものです。導入すべき家庭は、どの家庭でも対応可能だと言える …

室内飼いのペットが居る家庭におすすめの安全なキッチン

室内飼いでペットを飼っている人が抱える問題の1つが、自由に動き回るという点があげられます。リビングだけならともかく、キッチンに行っていたずらなどをされると困ってしまうこともあります。もしもそのような状 …

料理好きの人が選びたいキッチンの種類

料理好きな方なら、キッチンにもこだわりを持っている方は多いでしょう。作る機会が多いからこそ、利便性や動線のスムーズさも重要です。 また、食材や料理器具などを多く使うので、スペースも十分確保できることは …

アイランド型キッチンのメリット・デメリット

アイランドの名の通り、四方を壁から離して浮島の様に設計されたキッチンです。アイランド型キッチンのメリットといえば、なにより開放感です。壁に囲まれたキッチンと違い、背後も目の前も左右も開けており、圧迫感 …