タイプ別メリット・デメリット

L型キッチンはコーナースペースの活用がポイント

投稿日:2022年8月21日 更新日:

古い住宅で壁側に対してI型のキッチンをお使いの場合でも、キッチンリフォームによって対面式へと変える方が非常に多い現実があります。対面式といっても複数のバリエーションがあり、アイランド型やペニンシュラ型などが主流になるものの、他にもL型キッチンという選択肢もあるので事前にシミュレーションをすることで最適化することができます。このL型キッチンには特徴があり、シンク台の部分をダイニング、リビング側に設置をしてコンロの部分をL型に分離して設置をすることが一般的です。メリットは動線が良好になることと、狭いスペースでも設置可能なこと、壁面の上の部分には抜群の収納力を誇る棚を取り付けられることもメリットです。一方でL型へのリフォームではコーナースペースの問題は出てしまい、用いる機材による違いはありますが、コーナーは約90㎝程度の奥行きがあり、手が届かないスペースになる可能性があります。この問題はリフォームの際に事前に用途を決めておく方法で快適性を得ることができ、具体的な事例では、対面式のL型では卓上型のウォーターサーバーを設置すると、リビング側から使えるようになりわざわざシンク側へと回り込む必要性が無くなります。他にもインテリア雑貨を置く場所にしたり、お洒落な調味料入れの収納棚を置いたりとアイデア次第で便利に活用することができます。このタイプへとリフォームをする際には、施工会社からのアドバイスを聞く方法も多数の事例を有しているので困り事は解消できる範囲です。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

2人暮らしに合っているキッチン

二人暮らしに合っているキッチンにリフォームする際の気を付ける点はどのような事でしょうか。 台所は一日に何度も利用する場所です。ですので、使用する人が使いやすい高さであったり、お手入れしやすい素材を選ぶ …

子供と一緒に料理をしたい人に合っているキッチン

子どもと一緒にお料理をすることは、子供の教育上も好ましい事ですし将来の役にも立ちます。楽しみながら家族でキッチンを囲んで和気あいあいと料理を作りたいなら、アイランド型にリフォームしてみてはいかがでしょ …

夫婦で料理を分担している家庭に合っているキッチン

共働きの家庭が増えている現在、キッチンは女性だけのスペースではなくなりました。夫婦が家事のひとつである料理を分担しているという家庭も時代の流れと共に増えつつあります。また、リタイア後に料理に参加するよ …

その他のキッチンのメリット・デメリット

理想的なキッチンのために キッチンにはこのサイトで紹介したもの以外にも、色々なものが登場しています。実はキッチンは汎用性が高く、デザインも近年はより一層趣向を凝らしたものが増えています。さらに、機能性 …

L型キッチンのメリット・デメリット

作業スペースが広い ちょっとした調理でも、作業スペースが大きく必要となる場合もあるでしょう。そういう作業スペースを多めに確保したいという方にとって最適なのが、L型キッチンです。I型キッチンに比べて、区 …