タイプ別メリット・デメリット

夫婦で料理を分担している家庭に合っているキッチン

投稿日:2020年12月20日 更新日:

共働きの家庭が増えている現在、キッチンは女性だけのスペースではなくなりました。夫婦が家事のひとつである料理を分担しているという家庭も時代の流れと共に増えつつあります。また、リタイア後に料理に参加するようになった夫のためにリフォームを考えているという家庭も少なくありません。
キッチンのリフォームを考えるのなら、まずは十分なスペースを取るということを頭に入れておきたいものです。夫婦が一緒に並んで料理を作るためには、キッチンはそれ相応の広さがなければなりません。特に身長差があるという夫婦の場合、どちらかに合わせると片方が作業をしづらくなってしまいます。そんな時は段差がある作業台を設けることが解決に繋がりますが、ある程度のスペースがなければ作業台を置くことが出来ません。もうひとつの解決法はキッチン自体に段差を設けるというものです。アイランドキッチンの片方に段差を設けることで身長差による高さの問題はなくなりますが、コンロは片側からしか点火出来ないため少し不自由を感じるかもしれません。
また、収納を広く取ることもふたりで作業するならば必要なことです。何かを取るために別の何かを動かさなければならないようでは、作業に支障をきたします。リフォームの際にはそのあたりのことも頭に入れておきましょう。リフォームを手掛ける前に、ショールーム等に出向いて実際のキッチンを見るというのも重要なことです。イメージが膨らんで良いアイデアが浮かぶかもしれません。

-タイプ別メリット・デメリット

執筆者:

関連記事

I型キッチンのメリット・デメリット

導入すべき家庭 I型キッチンは、ある程度スペースが限られている家庭でも対応できるキッチンで、基本的なキッチンとしての機能をしっかりと確保できるものです。導入すべき家庭は、どの家庭でも対応可能だと言える …

対面型キッチンのメリット・デメリット

コミュニケーションが増える 対面型キッチンは、家族とのコミュニケーションが増えるということもあって、積極的に会話したいという家庭に導入すべきキッチンだと言えます。もちろん調理を手伝ってもらいやすいです …

オープンキッチンとクローズドキッチンでは子育て向きは?

子供がいる家庭でこれからキッチンをリフォームする場合は、子育てに向いているかどうかも考えましょう。一見、あまり関係ないように思うかもしれませんが、母親は料理をしたり食器を洗ったりする時間が意外とありま …

お部屋を広く見せるキッチンタイプと狭く見えるキッチンタイプ

住まいを選ぶ際には、都心の便利な集合住宅に住むか少し離れた所の住宅に住むかという選択に迫られる事が有ります。何方も一長一短です。郊外の広い住宅に住めば間取りなども自由にできて大変快適なのですが、毎日の …

2人暮らしに合っているキッチン

二人暮らしに合っているキッチンにリフォームする際の気を付ける点はどのような事でしょうか。 台所は一日に何度も利用する場所です。ですので、使用する人が使いやすい高さであったり、お手入れしやすい素材を選ぶ …