キッチンのタイプ

収納スペースをリフォームで確保するならセパレートタイプのキッチン

投稿日:2023年3月24日 更新日:

多くの住宅で対面式のオープンキッチンを採用しており、注文住宅では殆どの住宅がアイランド型やペニンシュラ型のオープンキッチンを選んでいることが目立ちます。キッチンに関しては見栄えも重要ではあるものの、調理のしやすさと同時に収納力も重要になります。普通のオープンキッチンでは吊り棚1列とシンク台下側のスペースしか確保することができず、人によっては収納スペースが不足してしまうデメリットを感じてしまう可能性もあります。この問題はリフォームによってセパレートタイプを採用する方法がベストになり、正面と背面に洗い場とコンロ、作業台を備える機種になることから抜群の収納力を発揮できます。セパレートタイプへのリフォームは中央の通路が狭くなるものの、実際にリフォームを済ませた後に使ってみると、調理のしやすさにも効果を発揮することに気付くことも多々あります。その理由は移動距離が短くなることをあげることができ、片方でコンロを使って調理をした際に洗い物が出ても、背面側にシンク台があることで歩行せずに身体の回転だけで済ませられるメリットがあります。当然ながら収納力においてもセパレートタイプは2列型になることから、両方の台の下側を全て収納スペースにできるだけではなく、吊り棚に関しても両方に取り付けるリフォームも行えるので、収納スペースにおいても抜群な効果を発揮します。比較的狭いスペースでもリフォームできるメリットや、見た目が珍しく高級感を感じるのでおしゃれさを出すことにも役立ちます。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

大人数のファミリーにはどんなタイプのキッチンがおすすめ?

大人数のファミリーが暮らす家でキッチンをリフォームしようとしているのなら、家族がコミュニケーションをとるのに役立つタイプのキッチンを選ぶのがおすすめです。キッチンは壁に向けて設置する壁付けタイプも人気 …

広々とした空間のU型キッチン

近年特殊なキッチンである 近年特殊なキッチンとして人気を集めているのがU型キッチンです。キッチンは本来壁側に設置することが多いため、どうしてもI型キッチンやL型キッチンが多くなります。しかし、部屋の間 …

在宅ワークで家族と顔を合わせやすいキッチンにリフォームするには

通勤の手間が省けて物理的負担や肉体疲労が軽減されたり自由度が高まり自分のペースで仕事が出来るようになったりなど、在宅ワークには様々なメリットがありますが、自宅に居る時間が長くなることで夫婦喧嘩が絶えな …

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

家事効率が高いキッチンタイプとは

住宅を建築する場合や新しくする場合、つまりリフォームする場合にはどのあたりをリフォームするかを明確にしてから業者に話を聞いてみましょう。リフォームする場所は様々ですが、女性の視点からすればキッチンを何 …