キッチンのタイプ

リビングダイニングキッチンで家族の会話を増やす

投稿日:2022年1月26日 更新日:

リフォームを行う場合には、家族のコミュニケーションを重視したいという人は多いと思います。おすすめなのはキッチンとリビングダイニングが一体化している間取りで、対面式のキッチンにすると調理をしながらリビングダイニングにも気を配れます。キッチンで料理をしながら子ども達の宿題を見たり、会話をするなどコミュニケーションを取ることができます。キッチンからテレビが見える位置にあれば、一緒にテレビ番組を見ながら感想を言い合ったりすることも可能です。
また、リフォームを行う際のポイントとしては、日当たりのいい過ごしやすい場所をリビングダイニングにすると家族が集まりやすいです。暗くて寒い場所にあると、自然に人は敬遠してしまいます。会話が弾むようにするためには、居心地の良さが重要です。隣の家と距離が近くて1階は日当りが悪いという場合には、2階にリビングを配置するようにリフォームするのもおすすめになります。ただし、2階に重量のある水回り設備を配置するにはコストがかかるので、1階に配置するよりも割高になってしまいます。
それから帰宅した際に、必ずリビングを通る構造にリフォームすると自然に会話が生まれます。子どもは思春期になると自分の部屋に籠ってしまうこともあるので、顔を必ず見るようにするだけでも安心できます。ちょっとした会話でも表情や仕草などから伝わる情報もあります。リビング階段を取り入れると、部屋に行くのに必ずリビングを通ることになります。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

アイランド型より制約の少ないペニンシュラ型キッチン

家を建てるときやリフォームをするときはできるだけ理想の住まいになるよう、考えて作っていきたいところです。 特に毎日食事を作る場所であるキッチンにはこだわりを持つ人が多く、最近では様々な新しいタイプのキ …

アイランドキッチンには円形もある

リビングルームの広さや風通し・日当たりの良さや収納スペースの多さや壁材や床材や天井の高さやフレキシブルに対応できる間取りなど、便利で快適でストレスフリーな暮らしを実現させるために住宅の中でこだわりたい …

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

各国のライフスタイルとキッチンの形状の関係性

キッチンを見るとその国のライフスタイルがわかる、と言われているほどその形状は様々です。日本は昭和のころに比べると、かなり欧米化しているとはいえでもやはり海外のキッチンそのものと比べるとまだ日本独自のス …