キッチンのタイプ

独立性と開放性を兼ね備えたセミオープン型キッチン

投稿日:2022年9月22日 更新日:

リフォームを考えるとき、毎日使うキッチンは使いやすくしたいものです。オープン型は、ダイニングやリビングとの間が壁で隔てられていない開放感のあるキッチンです。反対にクローズド型は入り口が1つしかなく、3方を壁で囲まれたキッチンです。キッチンの中が外から見えないというメリットがあります。セミオープン型はダイニングなどとの境界の一部がカウンターなどで仕切られているものの、キッチンの中が見え出入りが自由な、解放感と独立性の両方を得られるキッチンです。
セミオープン型には5つのタイプがあるので、リフォームの際の選択肢も広がります。壁に接する面のないアイランド型や左右のどちらかが壁に接している対面式のペニンシュラ型、コンロやシンクの配置によってL字型・I字型・セパレート型に分かれます。
アイランド型は作業動線が確保しやすく、複数での調理に向いています。半島という意味のペニンシュラ型は、設置する場所を選ばないのでリフォームにもおすすめです。L字型はスペースを広く使え、短い動線で作業できます。I字型なら冷蔵庫も調理スペースと一直線に配置することで、使い勝手がよくなります。セパレートはコンロとシンクが別れているタイプなので、調理と粗いものを分担でき効率的に作業を行えるでしょう。
セミオープン型はカスタマイズしやすいので、リフォームにも最適です。リビングなどからの人目が気になるなら、少し仕切りを高くすることもできます。オープン型の、収納が少ないというデメリットもカバーできます。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

ベーシックなI型キッチン

I型キッチンとは 一番ベーシックなキッチンと言えば、I型キッチンとなっています。こちらのキッチンは多くの家に採用されていて、機能性に優れているのはもちろん、設置しやすいという汎用性にも優れている点があ …

収納スペースをリフォームで確保するならセパレートタイプのキッチン

多くの住宅で対面式のオープンキッチンを採用しており、注文住宅では殆どの住宅がアイランド型やペニンシュラ型のオープンキッチンを選んでいることが目立ちます。キッチンに関しては見栄えも重要ではあるものの、調 …

使いやすい理想のキッチンの特徴とは

キッチンをリフォームするとなった場合には、せっかくなので使いやすい間取りやレイアウトなどにしておきたいところです。どのようなキッチンが使いやすい理想のキッチンなのかというと、ワークトライアングルと呼ば …

独立キッチンとオープンキッチンの違い

家の中でも重要な場所であるキッチンをリフォームする場合、どのようなタイプにするかが重要なポイントです。キッチンには大きく分けて「独立型」と「オープン型」の2種類があるため、それぞれの特徴を理解しておく …

一人暮らしなどに使われるコンパクトなキッチン

コンパクトなキッチンについて キッチンのスペースが狭い場合、コンパクトなキッチンへのリフォームとなります。一人暮らしでも使われるコンパクトなキッチンにはどのような特徴があるのか具体的に見ていきましょう …