キッチンのタイプ

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

投稿日:2018年12月27日 更新日:

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り付けられているのが特徴です。それぞれが二列に平行に並んでいることからⅡ型と呼ばれます。
このタイプのメリットは、スペースの広さにあります。二列それぞれに十分な作業スペースが得られるため、スムーズに調理をすることが可能です。快適に料理を楽しみたい人にはおすすめのリフォームと言えます。夫婦や友達・仲間と共に料理をしても余裕があり、ストレスになりません。複数人で役割分担をして料理を作り上げたい人や、休みの日に家族で料理をする人には特におすすめです。
一般的なI型キッチンだとこれほど広い作業スペースを確保することは難しいです。単純にかなりの長さになり、料理をするときの横移動の距離も伸びてしまいます。その点Ⅱ型なら広い作業スペースでも反転するだけでコンロやシンクへ移動することができます。これらの位置はほんの少し変わるだけで使いやすさが違ってくるため、使い方をよく考えて検討する必要があります。離れていることで、食材や料理を運ぶ際には注意が必要になることがあります。床に水分が垂れてしまわないような工夫をすると良いです。また、それを見越して床の素材に気を配るのも1つの手です。キッチンをリフォームをするときは、できるだけ具体的に調理することをイメージして作り込むと失敗が少なく済みます。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

マンションやオフィスにミニキッチン

コンパクトサイズのキッチン さまざまなキッチンのタイプがありますが、コンパクトサイズのミニキッチンもあります。住宅のリフォームでもミニキッチンが導入されることはありますし、ほかにもさまざまなシーンで導 …

独立キッチンとオープンキッチンの違い

家の中でも重要な場所であるキッチンをリフォームする場合、どのようなタイプにするかが重要なポイントです。キッチンには大きく分けて「独立型」と「オープン型」の2種類があるため、それぞれの特徴を理解しておく …

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

動線が確認しやすい!オープンキッチン

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイ …

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …