キッチンのタイプ

アイランド型より制約の少ないペニンシュラ型キッチン

投稿日:2018年10月23日 更新日:

家を建てるときやリフォームをするときはできるだけ理想の住まいになるよう、考えて作っていきたいところです。
特に毎日食事を作る場所であるキッチンにはこだわりを持つ人が多く、最近では様々な新しいタイプのキッチンを選ぶ人も多くなっています。
リフォームの際は、見た目のおしゃれさで選ぶことはもちろん大事ですが、やはりキッチンとして使いやすいこと、清潔を保ちやすいということも大事です。
それゆえ、それぞれのタイプのメリットだけではなく、デメリットも理解して、最適なものを選んでいきましょう。
最近は開放感のあるタイプが好まれる傾向にあり、少し前にはアイランド型も人気となりましたが、最近特に注目されているのはペニンシュラ型キッチンです。
ペニンシュラは「半島」という意味を持っており、対面式となっています。
見た目はアイランド型と良く似ていますが、アイライドタイプの場合は周りには壁がありません。それゆえ、汚れが散らばりやすい等欠点もありますが、ペニンシュラの場合は片側が壁に接していますので汚れへの対策が行いやすいのがメリットです。
アイライドタイプの場合は、両サイドにスペースを取る必要がありますので、狭い家では実現が難しいですが、片側が壁についていることもあり、一般的な対面キッチンと同じぐらいのスペースで設置できるのもメリットです。
さらに換気扇がより自由に選べるのもペニンシュラタイプの良いところと言えるでしょう。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

動線が確認しやすい!オープンキッチン

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイ …

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

ニオイが気にならないクローズドキッチン

家のリフォームを考える時、多くの人がまずキッチンはどうするかという事を挙げるのではないでしょうか。そのくらいキッチンは生活の場の中で家族が集まるリビング同様、重要な役割を果たしています。これまではリフ …

アイランドキッチンには円形もある

リビングルームの広さや風通し・日当たりの良さや収納スペースの多さや壁材や床材や天井の高さやフレキシブルに対応できる間取りなど、便利で快適でストレスフリーな暮らしを実現させるために住宅の中でこだわりたい …

リビングダイニングキッチンで家族の会話を増やす

リフォームを行う場合には、家族のコミュニケーションを重視したいという人は多いと思います。おすすめなのはキッチンとリビングダイニングが一体化している間取りで、対面式のキッチンにすると調理をしながらリビン …