キッチンのタイプ

アイランド型より制約の少ないペニンシュラ型キッチン

投稿日:2018年10月23日 更新日:

家を建てるときやリフォームをするときはできるだけ理想の住まいになるよう、考えて作っていきたいところです。
特に毎日食事を作る場所であるキッチンにはこだわりを持つ人が多く、最近では様々な新しいタイプのキッチンを選ぶ人も多くなっています。
リフォームの際は、見た目のおしゃれさで選ぶことはもちろん大事ですが、やはりキッチンとして使いやすいこと、清潔を保ちやすいということも大事です。
それゆえ、それぞれのタイプのメリットだけではなく、デメリットも理解して、最適なものを選んでいきましょう。
最近は開放感のあるタイプが好まれる傾向にあり、少し前にはアイランド型も人気となりましたが、最近特に注目されているのはペニンシュラ型キッチンです。
ペニンシュラは「半島」という意味を持っており、対面式となっています。
見た目はアイランド型と良く似ていますが、アイライドタイプの場合は周りには壁がありません。それゆえ、汚れが散らばりやすい等欠点もありますが、ペニンシュラの場合は片側が壁に接していますので汚れへの対策が行いやすいのがメリットです。
アイライドタイプの場合は、両サイドにスペースを取る必要がありますので、狭い家では実現が難しいですが、片側が壁についていることもあり、一般的な対面キッチンと同じぐらいのスペースで設置できるのもメリットです。
さらに換気扇がより自由に選べるのもペニンシュラタイプの良いところと言えるでしょう。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

キッチンタイプによって換気の方法も変わる

暖かい空気は上の方にたまり、冷たい空気は下のほうにたまるということを知っておくと、換気を効率よく行うことが出来ます。天井が高いキッチンは換気扇の位置を高くすることで空気を上手く循環させることが出来ます …

コミュニケーションが取りやすい対面型キッチン

リビングと併用 最近キッチンリフォームで取り入れる人が多くなっているのが、対面型キッチンです。文字通り対面式となっていて、I型キッチンにも似ているのですが、調理している人とその他の家族が対面してコミュ …

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り …

独立キッチンとオープンキッチンの違い

家の中でも重要な場所であるキッチンをリフォームする場合、どのようなタイプにするかが重要なポイントです。キッチンには大きく分けて「独立型」と「オープン型」の2種類があるため、それぞれの特徴を理解しておく …

会話が生まれるカウンターキッチン

カウンターキッチンとは、対面式のキッチンのことをいいます。キッチンとダイニングルームの間にカウンターが設置されていたり、調理する作業スペースがダイニングルームの方を向いています。壁が無いのが大きな特徴 …