キッチンのタイプ

動線が確認しやすい!オープンキッチン

投稿日:2018年6月27日 更新日:

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイアウトをI型と呼んでいます。オープンキッチンの中では最もオーソドックスなタイプです。動線が横に長くなるのでコンパクトなキッチンにまとめられる時に選択されます。
その次に選ばれることの多いタイプがL型レイアウトです。これはシンク、調理空間、冷蔵庫がL字に並べられていて動線は三角形になるのでI型よりも動線を短くすることができるのです。しかし設置スペースはI型よりも広くなる点に注意が必要です。アイランド型は、アイランドを島と訳すことからわかるようにキッチンが壁から独立していてどの方角からでもキッチンを囲むことができるようになっています。ペニンシュラ型は、ペニンシュラを半島と訳せることからキッチンの両端のどちらかが壁に接している半島のようになっていることから名付けられたタイプです。このタイプは料理をしながら家族と面と向かってコミュニケーションが取れるようになっているのが特徴となっています。ダイニングの側に椅子を設置すればカウンターの役目も果たすことができるのでそこで食事をとることもできるのです。
どのレイアウトでも動線を考えて食器棚や冷蔵庫を配置する必要がありますが、オープンタイプはリフォームの際のレイアウト決定のための動線確認は比較的容易に想像することができます。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

ホームバーとしても使えるカウンターキッチン

カウンターキッチンは、キッチンとダイニングの間を調理台で仕切るタイプの台所です。それぞれの空間を部屋で分けた場合とは異なり、開放的な空間を作れるところためリフォームでも人気があります。キッチンスペース …

キッチンリフォームのタイプは家族の意見を参考にしよう

これからキッチンリフォームを行いたいと考えている場合には、主に調理を担当する人の意見が多く採用されるかもしれません。しかしキッチンはこれから家族みんなが使うものでもあり、嫌だからといってすぐに変えられ …

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り …

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

コミュニケーションが取りやすい対面型キッチン

リビングと併用 最近キッチンリフォームで取り入れる人が多くなっているのが、対面型キッチンです。文字通り対面式となっていて、I型キッチンにも似ているのですが、調理している人とその他の家族が対面してコミュ …