キッチンのタイプ

動線が確認しやすい!オープンキッチン

投稿日:2018年6月27日 更新日:

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイアウトをI型と呼んでいます。オープンキッチンの中では最もオーソドックスなタイプです。動線が横に長くなるのでコンパクトなキッチンにまとめられる時に選択されます。
その次に選ばれることの多いタイプがL型レイアウトです。これはシンク、調理空間、冷蔵庫がL字に並べられていて動線は三角形になるのでI型よりも動線を短くすることができるのです。しかし設置スペースはI型よりも広くなる点に注意が必要です。アイランド型は、アイランドを島と訳すことからわかるようにキッチンが壁から独立していてどの方角からでもキッチンを囲むことができるようになっています。ペニンシュラ型は、ペニンシュラを半島と訳せることからキッチンの両端のどちらかが壁に接している半島のようになっていることから名付けられたタイプです。このタイプは料理をしながら家族と面と向かってコミュニケーションが取れるようになっているのが特徴となっています。ダイニングの側に椅子を設置すればカウンターの役目も果たすことができるのでそこで食事をとることもできるのです。
どのレイアウトでも動線を考えて食器棚や冷蔵庫を配置する必要がありますが、オープンタイプはリフォームの際のレイアウト決定のための動線確認は比較的容易に想像することができます。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

家事効率が高いキッチンタイプとは

住宅を建築する場合や新しくする場合、つまりリフォームする場合にはどのあたりをリフォームするかを明確にしてから業者に話を聞いてみましょう。リフォームする場所は様々ですが、女性の視点からすればキッチンを何 …

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

いいとこどりのセミオープンキッチン

キッチンの形は、料理のしやすさなどに大きな影響を与えるものとなります。そのためどのような形にするかという事は重要なポイントです。最近人気がある形としてオープンキッチンという形が挙げられます。リフォーム …

暮らしに合ったキッチンタイプの選び方

台所をリフォームしたいときには、自分たちの暮らしに合わせて選ぶことが大切です。暮らしや用途に合わせた選び方をすれば、快適な空間が手に入ります。まずはいくつかの候補を出して、比較検討しましょう。選び方に …

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り …