キッチンのタイプ

対面式のキッチンは子育て中の家庭にピッタリ

投稿日:2020年7月24日 更新日:

子育て中の家庭でキッチンをリフォームするのであれば、対面式にするのがおすすめです。現代の日本ではいくつかのタイプの台所がありますが、その1つであるダイニングと離れている独立型の場合は、調理をする際にはずっと調理場にこもりっきりになってしまいます。また壁に向いている壁付けタイプの場合も、子どもたちがいるリビングやダイニングに目が届かないという傾向があります。まだ子どもが小さい場合には、ちょっとキッチンで作業をするために目を離したくないという場合もあるものです。そのような場合に不便さを感じることもあるでしょう。一方、ダイニングやリビングと空間が繋がっていて、背を向けることなく部屋の方向を向いて作業できる対面型キッチンにリフォームすれば、子どもの様子を確認しつつ作業できます。赤ちゃんだった子どもが成長して小学校に入学するようになったときでも、この形のキッチンは便利に利用することができます。たとえば低学年のお子さんは宿題をリビングですることも少なくありません。親にとっても、勉強を教えながら料理出来るというメリットがあります。さらに対面式にリフォームした場合には、子どもがお手伝いをしたがったとき一緒に作業をしやすいというメリットもあります。独立型の場合は1人で作業をする際には集中できて良いものですが、2人以上が入ると狭くて動きにくいです。このようなことから子育て中の家庭でキッチンリフォームをするのなら対面型をおすすめします。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

アイランド型より制約の少ないペニンシュラ型キッチン

家を建てるときやリフォームをするときはできるだけ理想の住まいになるよう、考えて作っていきたいところです。 特に毎日食事を作る場所であるキッチンにはこだわりを持つ人が多く、最近では様々な新しいタイプのキ …

コミュニケーションが取りやすい対面型キッチン

リビングと併用 最近キッチンリフォームで取り入れる人が多くなっているのが、対面型キッチンです。文字通り対面式となっていて、I型キッチンにも似ているのですが、調理している人とその他の家族が対面してコミュ …

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

大人数のファミリーにはどんなタイプのキッチンがおすすめ?

大人数のファミリーが暮らす家でキッチンをリフォームしようとしているのなら、家族がコミュニケーションをとるのに役立つタイプのキッチンを選ぶのがおすすめです。キッチンは壁に向けて設置する壁付けタイプも人気 …

壁一面収納棚にできる壁付けキッチン

それほど広いスペースがないキッチンの場合、食器類を収納するための棚をどのように設置するかをきちんと考えなければなりません。適当に設置してしまうと、生活するための空間が狭くなってしまい、不便を感じること …