キッチンのタイプ

対面式のキッチンは子育て中の家庭にピッタリ

投稿日:2020年7月24日 更新日:

子育て中の家庭でキッチンをリフォームするのであれば、対面式にするのがおすすめです。現代の日本ではいくつかのタイプの台所がありますが、その1つであるダイニングと離れている独立型の場合は、調理をする際にはずっと調理場にこもりっきりになってしまいます。また壁に向いている壁付けタイプの場合も、子どもたちがいるリビングやダイニングに目が届かないという傾向があります。まだ子どもが小さい場合には、ちょっとキッチンで作業をするために目を離したくないという場合もあるものです。そのような場合に不便さを感じることもあるでしょう。一方、ダイニングやリビングと空間が繋がっていて、背を向けることなく部屋の方向を向いて作業できる対面型キッチンにリフォームすれば、子どもの様子を確認しつつ作業できます。赤ちゃんだった子どもが成長して小学校に入学するようになったときでも、この形のキッチンは便利に利用することができます。たとえば低学年のお子さんは宿題をリビングですることも少なくありません。親にとっても、勉強を教えながら料理出来るというメリットがあります。さらに対面式にリフォームした場合には、子どもがお手伝いをしたがったとき一緒に作業をしやすいというメリットもあります。独立型の場合は1人で作業をする際には集中できて良いものですが、2人以上が入ると狭くて動きにくいです。このようなことから子育て中の家庭でキッチンリフォームをするのなら対面型をおすすめします。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

I型キッチンとL型キッチンを比較

Ⅰ型キッチンとL型キッチン、どちらが良いの? I型キッチンとL型キッチンはどちらもシステムキッチンです。どちらも一般家庭に多いキッチンのタイプです。I型キッチンとL型キッチンの違いについて見ていきます …

ニオイが気にならないクローズドキッチン

家のリフォームを考える時、多くの人がまずキッチンはどうするかという事を挙げるのではないでしょうか。そのくらいキッチンは生活の場の中で家族が集まるリビング同様、重要な役割を果たしています。これまではリフ …

各国のライフスタイルとキッチンの形状の関係性

キッチンを見るとその国のライフスタイルがわかる、と言われているほどその形状は様々です。日本は昭和のころに比べると、かなり欧米化しているとはいえでもやはり海外のキッチンそのものと比べるとまだ日本独自のス …

一人暮らしなどに使われるコンパクトなキッチン

コンパクトなキッチンについて キッチンのスペースが狭い場合、コンパクトなキッチンへのリフォームとなります。一人暮らしでも使われるコンパクトなキッチンにはどのような特徴があるのか具体的に見ていきましょう …

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り …