キッチンのタイプ

暮らしに合ったキッチンタイプの選び方

投稿日:2021年5月27日 更新日:

台所をリフォームしたいときには、自分たちの暮らしに合わせて選ぶことが大切です。暮らしや用途に合わせた選び方をすれば、快適な空間が手に入ります。まずはいくつかの候補を出して、比較検討しましょう。選び方によって生活のしやすさも変わるので、慎重に選びましょう。
家族と蜜にコミュニケーションを取りたい、子どもの様子を見ながら料理をしたいと考えるならアイランドキッチンです。流し台やガスコンロがある部分が壁と接することなく、島のように独立しているキッチンのことを指します。オープンキッチンとも呼ばれ、リフォームをすると開放感があるのが特徴です。台所が孤立しているので周りを移動しやすく、子どもたちが走り回っても問題がありません。おしゃれな印象を与えるデザインなので、生活感をあまり出したくない人にもおすすめです。ある程度のスペースが必要なため、面積に余裕がある場合に作れます。
アイランド型の左右どちらかが壁についているのが、ペニンシュラタイプです。十分なスペースがなくても作ることができ、スッキリした印象になります。コンロを壁側に設置したり、換気扇を工夫して臭いを抑えるなど様々なリフォームが出来るのも魅力です。狭くてもアイランド型のようなおしゃれさが欲しい、価格を出来るだけ抑えたいときにぴったりです。シンクとコンロが別々になっているのが、セパレート型のものです。シンクとコンロが離れているので複数人で立っても狭くならず、調理がしやすいです。何人かでキッチンに立ちたい、自分のスペースは確保したいときにリフォームしたい種類です。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

スペースを有効的に使いたいならペニンシュラキッチンがおすすめ

日頃からお台所で炊事や洗いをしている人の中には、キッチンのことで何かと不満や悩みを抱えているケースがあるかもしれません。例えばキッチン全体をもっと開放的に明るい雰囲気にしたい、ダイニングにいる家族やお …

キッチンリフォームのタイプは家族の意見を参考にしよう

これからキッチンリフォームを行いたいと考えている場合には、主に調理を担当する人の意見が多く採用されるかもしれません。しかしキッチンはこれから家族みんなが使うものでもあり、嫌だからといってすぐに変えられ …

在宅ワークで家族と顔を合わせやすいキッチンにリフォームするには

通勤の手間が省けて物理的負担や肉体疲労が軽減されたり自由度が高まり自分のペースで仕事が出来るようになったりなど、在宅ワークには様々なメリットがありますが、自宅に居る時間が長くなることで夫婦喧嘩が絶えな …

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

壁一面収納棚にできる壁付けキッチン

それほど広いスペースがないキッチンの場合、食器類を収納するための棚をどのように設置するかをきちんと考えなければなりません。適当に設置してしまうと、生活するための空間が狭くなってしまい、不便を感じること …