キッチンのタイプ

キッチンを開放的にしたいならアイランド型にリフォーム

投稿日:2023年1月27日 更新日:

住宅リフォームの中でも、キッチンは特に需要が多い場所の1つです。生活の場であるとともに料理や後片付けという「作業」を行う場でもあるので、使い勝手にはおのずと強いこだわりが出やすいのがその理由となっていますが、IH調理器や自動食洗機など次々と新製品が登場するので利便性もどんどん追求したくなります。
キッチンをリフォームする場合、設備とともにこだわる人が多いのがレイアウトです。キッチンのレイアウトにはさまざまなバリエーションがあり、それぞれ作業効率に影響を及ぼすほか室内の印象にも変化をもたらします。たとえば開放的な雰囲気を演出したいのであれば、アイランド型へのリフォームが適しています。

アイランド型キッチンは、キッチン設備の一部が島(=アイランド)のように独立しているのが特徴です。いろいろなタイプがありますが、シンクやコンロは壁付けだが作業スペースは壁から離れて配置されている、もしくはその逆、というパターンが多く見られます。リフォームの際は、元の配管の位置なども考慮しながらレイアウトしていくことになります。
アイランド型のレイアウトには、島の部分で作業をしている時は身体が部屋の中央に向いているため、全体を見渡しやすいという特徴があります。料理の出来上がりを待つ家族とも、自然とコミュニケーションが活発になります。
また、複数での作業がしやすいというのも、アイランド型ならではの特徴です。壁側と島側の両方で並行作業ができますし、島部分は左右どちら側も開放されているので移動もスムーズになります。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

アイランドキッチンには円形もある

リビングルームの広さや風通し・日当たりの良さや収納スペースの多さや壁材や床材や天井の高さやフレキシブルに対応できる間取りなど、便利で快適でストレスフリーな暮らしを実現させるために住宅の中でこだわりたい …

大人数でも作業できる!アイランドキッチン

家族で楽しく利用できる アイランドキッチンは独立タイプのキッチンです。学校の家庭科室にあった調理テーブルをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。アイランドキッチンの良さは家族で楽しく利用できるこ …

大人数のファミリーにはどんなタイプのキッチンがおすすめ?

大人数のファミリーが暮らす家でキッチンをリフォームしようとしているのなら、家族がコミュニケーションをとるのに役立つタイプのキッチンを選ぶのがおすすめです。キッチンは壁に向けて設置する壁付けタイプも人気 …

収納スペースをリフォームで確保するならセパレートタイプのキッチン

多くの住宅で対面式のオープンキッチンを採用しており、注文住宅では殆どの住宅がアイランド型やペニンシュラ型のオープンキッチンを選んでいることが目立ちます。キッチンに関しては見栄えも重要ではあるものの、調 …

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …