キッチンのタイプ

I型キッチンとL型キッチンを比較

投稿日:2017年10月10日 更新日:

Ⅰ型キッチンとL型キッチン、どちらが良いの?

I型キッチンとL型キッチンはどちらもシステムキッチンです。どちらも一般家庭に多いキッチンのタイプです。I型キッチンとL型キッチンの違いについて見ていきます。

 

Ⅰ型キッチンについて

Ⅰ型キッチンはシンクとガス(コンロが1列に並んだタイプのキッチンのことを指します。狭い場所でもI型キッチンなら設置することができますし、最も一般的なタイプのキッチンです。壁面にくっつけて設置することもできますし、部屋の中央に設置すれば対面型として利用することもできます。

L型キッチンについて

L型キッチンはシンクとコンロをキッチンの角にL字型に配置したタイプのキッチンを指します。Ⅰ型に次いで多いシステムキッチンです。L型にすると二人で並んでキッチンに立てるので料理がしやすいです。

比較してみると

どちらも人気のシステムキッチンですが、I型キッチンは壁につけた配置のするとキッチンが部屋から丸見えとなってしまいます。L型にすればキッチンの内部が部屋から丸見えになることはありませんが、シンクとコンロが近すぎたり遠すぎたりと動線がスムーズではなくなります。

L型キッチンは作業スペースが広いので二人でキッチンに入ってもスペースがあり、料理をするときも邪魔にあることはありません。I型キッチンは作業スペースが狭いので二人でキッチンに立つと狭くストレスを感じます。しかし、他のキッチンタイプと比べると最も低価格ですし、一人で集中して料理ができるという良い面も備えています。

人気の高い二つのキッチンですが、それぞれに良い特徴もあれば悪い特徴もありますのでキッチンリフォームの際にはよく検討をして決めましょう。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

ベーシックなI型キッチン

I型キッチンとは 一番ベーシックなキッチンと言えば、I型キッチンとなっています。こちらのキッチンは多くの家に採用されていて、機能性に優れているのはもちろん、設置しやすいという汎用性にも優れている点があ …

ニオイが気にならないクローズドキッチン

家のリフォームを考える時、多くの人がまずキッチンはどうするかという事を挙げるのではないでしょうか。そのくらいキッチンは生活の場の中で家族が集まるリビング同様、重要な役割を果たしています。これまではリフ …

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

キッチンタイプによって換気の方法も変わる

暖かい空気は上の方にたまり、冷たい空気は下のほうにたまるということを知っておくと、換気を効率よく行うことが出来ます。天井が高いキッチンは換気扇の位置を高くすることで空気を上手く循環させることが出来ます …