キッチンのタイプ

I型キッチンとL型キッチンを比較

投稿日:2017年10月10日 更新日:

Ⅰ型キッチンとL型キッチン、どちらが良いの?

I型キッチンとL型キッチンはどちらもシステムキッチンです。どちらも一般家庭に多いキッチンのタイプです。I型キッチンとL型キッチンの違いについて見ていきます。

 

Ⅰ型キッチンについて

Ⅰ型キッチンはシンクとガス(コンロが1列に並んだタイプのキッチンのことを指します。狭い場所でもI型キッチンなら設置することができますし、最も一般的なタイプのキッチンです。壁面にくっつけて設置することもできますし、部屋の中央に設置すれば対面型として利用することもできます。

L型キッチンについて

L型キッチンはシンクとコンロをキッチンの角にL字型に配置したタイプのキッチンを指します。Ⅰ型に次いで多いシステムキッチンです。L型にすると二人で並んでキッチンに立てるので料理がしやすいです。

比較してみると

どちらも人気のシステムキッチンですが、I型キッチンは壁につけた配置のするとキッチンが部屋から丸見えとなってしまいます。L型にすればキッチンの内部が部屋から丸見えになることはありませんが、シンクとコンロが近すぎたり遠すぎたりと動線がスムーズではなくなります。

L型キッチンは作業スペースが広いので二人でキッチンに入ってもスペースがあり、料理をするときも邪魔にあることはありません。I型キッチンは作業スペースが狭いので二人でキッチンに立つと狭くストレスを感じます。しかし、他のキッチンタイプと比べると最も低価格ですし、一人で集中して料理ができるという良い面も備えています。

人気の高い二つのキッチンですが、それぞれに良い特徴もあれば悪い特徴もありますのでキッチンリフォームの際にはよく検討をして決めましょう。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

コミュニケーションが取りやすい対面型キッチン

リビングと併用 最近キッチンリフォームで取り入れる人が多くなっているのが、対面型キッチンです。文字通り対面式となっていて、I型キッチンにも似ているのですが、調理している人とその他の家族が対面してコミュ …

動線が確認しやすい!オープンキッチン

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイ …

マンションやオフィスにミニキッチン

コンパクトサイズのキッチン さまざまなキッチンのタイプがありますが、コンパクトサイズのミニキッチンもあります。住宅のリフォームでもミニキッチンが導入されることはありますし、ほかにもさまざまなシーンで導 …

壁一面収納棚にできる壁付けキッチン

それほど広いスペースがないキッチンの場合、食器類を収納するための棚をどのように設置するかをきちんと考えなければなりません。適当に設置してしまうと、生活するための空間が狭くなってしまい、不便を感じること …