キッチンのタイプ

コミュニケーションが取りやすい対面型キッチン

投稿日:2017年4月25日 更新日:

リビングと併用

最近キッチンリフォームで取り入れる人が多くなっているのが、対面型キッチンです。文字通り対面式となっていて、I型キッチンにも似ているのですが、調理している人とその他の家族が対面してコミュニケーションを取れるように設計されているものとなっています。リビングなどと併設することによって、家族とのコミュニケーションが取れると人気のキッチンです。I型キッチンの場合は、壁側に向かって調理することが多く、やはりどうしても会話が少なくなってしまいます。対面型キッチンにすれば、家族との時間も増えて、より楽しい日常生活にも繋がってくるのではないでしょうか。コミュニケーションを普段から取るというのは、子供たちにとっても良いことですし、夫婦にとっても良いことです。リフォームの際には検討してみても良いでしょう。

コミュニケーションが取れる対面型キッチン

例えば、調理の最中に「お風呂を沸かしてきてくれない?」というような会話が出てくることもあるでしょう。もしくは「テーブルの上を片付けて」というような会話も聞こえてきます。そんなとき、壁に隣接しているキッチンの場合は、調理から一度目を離さなくてはなりません。そのまま声を大きくして伝えることもできますが、やはり危ないです。対面型キッチンの場合は、そういう危険性もないのが特徴となっています。目線を上げればその先に家族がいるので、そのままコミュニケーションが取れるでしょう。意外と導入した人しかわからないのですが、そういうちょっとしたコミュニケーションが取れるのも大きな魅力だと言えるのではないでしょうか。

対面型キッチンの相場とは

対面型キッチンの場合は、70万円~130万円程度となっています。これもL型キッチンなどに似ているし、U型キッチンにも似た相場となっているのです。ここは自分たちの生活を考えてみて、その上で判断していくと言うのが良いのではないでしょうか。色々と使いやすいですので、まずは導入できるかどうか考えてみましょう。もちろん、ある程度住宅の広さが必要となるので、マンションやアパートと言うよりは、一軒家で導入する方が多いです。それもリフォームの段階で考えてみると良いのではないでしょうか。もちろん、新築で建てるという方にもおすすめのキッチンとなっています。その点も合わせて業者に相談してみると良いかもしれません。業者は専門的な知識と技術があるところを選びましょう。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

対面式のキッチンは子育て中の家庭にピッタリ

子育て中の家庭でキッチンをリフォームするのであれば、対面式にするのがおすすめです。現代の日本ではいくつかのタイプの台所がありますが、その1つであるダイニングと離れている独立型の場合は、調理をする際には …

アイランド型より制約の少ないペニンシュラ型キッチン

家を建てるときやリフォームをするときはできるだけ理想の住まいになるよう、考えて作っていきたいところです。 特に毎日食事を作る場所であるキッチンにはこだわりを持つ人が多く、最近では様々な新しいタイプのキ …

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

会話が生まれるカウンターキッチン

カウンターキッチンとは、対面式のキッチンのことをいいます。キッチンとダイニングルームの間にカウンターが設置されていたり、調理する作業スペースがダイニングルームの方を向いています。壁が無いのが大きな特徴 …

アイランドキッチンには円形もある

リビングルームの広さや風通し・日当たりの良さや収納スペースの多さや壁材や床材や天井の高さやフレキシブルに対応できる間取りなど、便利で快適でストレスフリーな暮らしを実現させるために住宅の中でこだわりたい …