キッチンのタイプ

キッチンの広さと使いやすさの関係

投稿日:2020年5月25日 更新日:

キッチンをリフォームする際に注意しておきたいポイントとしては、広さと使い勝手のバランスに注意しておく事が大事です。サイズを考える時には主にキッチンの幅と奥行き、そして高さという3つの要素が大事になりますので、基本として抑えておくのが良いでしょう。
リフォームをするという事は今までよりも利便性が良くなる事が前提でもありますので、まず注目したいのがキッチンの幅という部分になります。効率的に料理を進めていくには、シンクとコンロのスペースはもちろんですが、食材を切ったりする作業スペースの確保が大事です。数字にして表してみるとシンクの幅がおよそ60㎝以上、作業スペースの広さは80㎝前後、コンロは60㎝以上で3口以上のコンロがあるとさらに便利でしょう。
リフォームにおける作業スペースの増築はキッチンの上だけの話ではなく、歩くスペースというのも大事な部分となります。歩くスペースが狭くて戸棚の物を取りにくい状態などはなるべく避けて、リビングなどと繋がる生活動線の面も意識して設置する事が望ましいでしょう。
そしてリフォームではキッチンの高さも変更する事ができますが、一般的な高さは約85㎝程が定番の高さとなっています。使いやすい高さの目安はおおむね「身長÷2+5㎝」というのが一般的とされています。なので身長が170㎝の方が使用するなら数式に当てはめると90㎝という高さになってきますので、主にキッチンを使用する方の身長に合わせて高さを調整するというのもリフォームのメリットとなるでしょう。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

I型キッチンとL型キッチンを比較

Ⅰ型キッチンとL型キッチン、どちらが良いの? I型キッチンとL型キッチンはどちらもシステムキッチンです。どちらも一般家庭に多いキッチンのタイプです。I型キッチンとL型キッチンの違いについて見ていきます …

在宅ワークで家族と顔を合わせやすいキッチンにリフォームするには

通勤の手間が省けて物理的負担や肉体疲労が軽減されたり自由度が高まり自分のペースで仕事が出来るようになったりなど、在宅ワークには様々なメリットがありますが、自宅に居る時間が長くなることで夫婦喧嘩が絶えな …

動線が確認しやすい!オープンキッチン

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイ …

コミュニケーションが取りやすい対面型キッチン

リビングと併用 最近キッチンリフォームで取り入れる人が多くなっているのが、対面型キッチンです。文字通り対面式となっていて、I型キッチンにも似ているのですが、調理している人とその他の家族が対面してコミュ …

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り …