キッチンのタイプ

一人暮らしなどに使われるコンパクトなキッチン

投稿日:2017年9月22日 更新日:

コンパクトなキッチンについて

キッチンのスペースが狭い場合、コンパクトなキッチンへのリフォームとなります。一人暮らしでも使われるコンパクトなキッチンにはどのような特徴があるのか具体的に見ていきましょう。

一人暮らしの場合は大きなキッチンは必要ありません。かえって大きなキッチンは邪魔になってしまうでしょう。また二世帯住居などでメインのキッチンがある場合、サブのキッチンはコンパクトでいいでしょう。コンパクトなキッチンはコンロも1つか2つの設置です。狭いスペースの中にキッチンの作業台やコンロ収納を持ってくるので最低限のものだけを設置している造りになっています。

 

背面式のキッチン

キッチンに広いスペースが取れず、コンパクトなキッチンにリフォームする場合にはキッチンは人気の対面式ではなく背面式になりますから、家族の方を向くことができず、家族に背を向けて料理をすることとなってしまいます。シンク、コンロ、調理台、冷蔵庫を横一直線に並べることで導線が長くなってしまいます。ただし狭いスペースでの直線の導線ですから作業効率が落ちることもありません。一直線のコンパクトなキッチンにリフォームすれば狭いスペースも有効に使うことができるのです。

家族が多いとコンパクトなキッチンでは手狭な印象を受けます。しかし、二人暮らしなど家族が多くない家庭、高齢者だけの家庭、一人暮らしの家庭などにコンパクトキッチンのリフォームは向いていると言えます。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

いいとこどりのセミオープンキッチン

キッチンの形は、料理のしやすさなどに大きな影響を与えるものとなります。そのためどのような形にするかという事は重要なポイントです。最近人気がある形としてオープンキッチンという形が挙げられます。リフォーム …

壁一面収納棚にできる壁付けキッチン

それほど広いスペースがないキッチンの場合、食器類を収納するための棚をどのように設置するかをきちんと考えなければなりません。適当に設置してしまうと、生活するための空間が狭くなってしまい、不便を感じること …

キッチンタイプによって換気の方法も変わる

暖かい空気は上の方にたまり、冷たい空気は下のほうにたまるということを知っておくと、換気を効率よく行うことが出来ます。天井が高いキッチンは換気扇の位置を高くすることで空気を上手く循環させることが出来ます …

動線が確認しやすい!オープンキッチン

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイ …

独立キッチンとオープンキッチンの違い

家の中でも重要な場所であるキッチンをリフォームする場合、どのようなタイプにするかが重要なポイントです。キッチンには大きく分けて「独立型」と「オープン型」の2種類があるため、それぞれの特徴を理解しておく …