キッチンのタイプ

キッチンタイプによって換気の方法も変わる

投稿日:2020年1月29日 更新日:

暖かい空気は上の方にたまり、冷たい空気は下のほうにたまるということを知っておくと、換気を効率よく行うことが出来ます。天井が高いキッチンは換気扇の位置を高くすることで空気を上手く循環させることが出来ます。逆に天井に低いキッチンの場合は換気扇の位置は低い方が良いです。構造上の問題で自然と位置は決まるかもしれませんが、選択肢がある場合は取り付け位置も気にしたほうが良いです。
リフォームをするときはキッチンのタイプをあらかじめ決めておくべきです。漠然としたイメージでリフォームをお願いしてしまうと、完成したときに思っていた感じと違うということにもつながります。使いやすくリフォームするのであれば、完成図をイメージして、そのイメージを施工会社に分かりやすく伝えなくてはいけないです。頭の中を1回整理するためにも、メモを取ってみたり、大体の完成図を絵に書くという方法も有効です。
キッチンのリフォームは最も人気が高く、口コミ数も多いので、一人では何からはじめて良いのか分からないという人は体験者のリアルな意見を参考にすると良いです。ダイニングキッチンの場合はスペースが広くなりますが、キッチンの占有スペースが広いかどうかが重要になります。狭い場合は必然的に換気の必要性が増します。家で魚を焼く家庭、お肉を焼く機会が多い家庭は解放的な作りにした方がニオイがこもりにくいのでお勧めです。窓が多いと空気も循環して最高です。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

キッチンとダイニングテーブルの位置関係

リフォームの際にキッチンとダイニングテーブルの位置関係を考える事は非常に大切で、対面キッチンとダイニングテーブルを横並びに配置する事によって家族とのコミュニケーションが取りやすくなったり、小さな子供の …

独立キッチンとオープンキッチンの違い

家の中でも重要な場所であるキッチンをリフォームする場合、どのようなタイプにするかが重要なポイントです。キッチンには大きく分けて「独立型」と「オープン型」の2種類があるため、それぞれの特徴を理解しておく …

大人数でも作業できる!アイランドキッチン

家族で楽しく利用できる アイランドキッチンは独立タイプのキッチンです。学校の家庭科室にあった調理テーブルをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。アイランドキッチンの良さは家族で楽しく利用できるこ …

壁一面収納棚にできる壁付けキッチン

それほど広いスペースがないキッチンの場合、食器類を収納するための棚をどのように設置するかをきちんと考えなければなりません。適当に設置してしまうと、生活するための空間が狭くなってしまい、不便を感じること …

複数人でも料理しやすいⅡ型キッチン

キッチンをリフォームする時にまず検討しなければならないのは、どんな形にするかです。近年特にその数を増やしているのは、Ⅱ型キッチンです。このタイプはセパレート型とも呼ばれ、シンクとコンロが別々の台に取り …