キッチンのタイプ

キッチンタイプによって換気の方法も変わる

投稿日:2020年1月29日 更新日:

暖かい空気は上の方にたまり、冷たい空気は下のほうにたまるということを知っておくと、換気を効率よく行うことが出来ます。天井が高いキッチンは換気扇の位置を高くすることで空気を上手く循環させることが出来ます。逆に天井に低いキッチンの場合は換気扇の位置は低い方が良いです。構造上の問題で自然と位置は決まるかもしれませんが、選択肢がある場合は取り付け位置も気にしたほうが良いです。
リフォームをするときはキッチンのタイプをあらかじめ決めておくべきです。漠然としたイメージでリフォームをお願いしてしまうと、完成したときに思っていた感じと違うということにもつながります。使いやすくリフォームするのであれば、完成図をイメージして、そのイメージを施工会社に分かりやすく伝えなくてはいけないです。頭の中を1回整理するためにも、メモを取ってみたり、大体の完成図を絵に書くという方法も有効です。
キッチンのリフォームは最も人気が高く、口コミ数も多いので、一人では何からはじめて良いのか分からないという人は体験者のリアルな意見を参考にすると良いです。ダイニングキッチンの場合はスペースが広くなりますが、キッチンの占有スペースが広いかどうかが重要になります。狭い場合は必然的に換気の必要性が増します。家で魚を焼く家庭、お肉を焼く機会が多い家庭は解放的な作りにした方がニオイがこもりにくいのでお勧めです。窓が多いと空気も循環して最高です。

-キッチンのタイプ

執筆者:

関連記事

作業スペースが大きいL型キッチン

機能性にも優れている L型キッチンというのは、文字通りキッチンの内装に合わせてL字の形に作られたキッチンのことを言います。機能性にも優れていて、作業スペースもI型キッチンより確保できるということで、家 …

パーツ交換がしやすいセクショナルキッチン

キッチンのリフォームを検討する方にパーツ交換のしやすいセクショナル型を選ぶ方が増えています。日々の生活の要となるキッチンは、住宅のリフォームを考える際には、入念な検討を行っておきたいポイントでもありま …

大人数でも作業できる!アイランドキッチン

家族で楽しく利用できる アイランドキッチンは独立タイプのキッチンです。学校の家庭科室にあった調理テーブルをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。アイランドキッチンの良さは家族で楽しく利用できるこ …

動線が確認しやすい!オープンキッチン

キッチンリフォームの際には、最初に形状を決めなくてはなりません。開放感や家族とのコミュニケーションを重視した場合にはオープンタイプの形状を選ぶことになります。シンク、調理器、冷蔵庫を横一線に並べたレイ …

各国のライフスタイルとキッチンの形状の関係性

キッチンを見るとその国のライフスタイルがわかる、と言われているほどその形状は様々です。日本は昭和のころに比べると、かなり欧米化しているとはいえでもやはり海外のキッチンそのものと比べるとまだ日本独自のス …